今注目を集めている認知症認定看護師とは!

投稿日:

高齢化が進む日本で、今問題になっているのは、認知症です。

最近ニュースでも取り上げられる事が多く、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、非常に高齢者ドライバーの事故が絶えません。

病院でも認知症の方は増えてきているのが現状です。

認知症患者への対応は、そばにいる看護師が主流になり、重要視されています。

その道のプロである認知症認定看護師とはどんな仕事なのかリサーチしていきます。

まずは認知症について解説します。

認知症とは?

認知症とは、「脳に何らかの異常があり、そのことで日常生活において障害が6か月間続いた状態」を認知症といいます。

認知症は脳の病気になります。症状としては中核症状と周辺症状に分けられ、中核症状では、記憶障害、見当識障害、理解、判断力の障害、実行機能障害、失言、失認、失行があげられます。

こちらの症状は、病気によるものなので、取り除くことはできません。

周辺症状とは、中核症状に生活環境や性格、人間関係などの環境因子が合わさって出る症状となります。

例えば、徘徊や異食などです。周辺症状は、環境因子などを探って取り除くことにより、軽減したり消失したりします。

認知症認定看護師とは

認知症認定看護師とは、日本看護協会で認定看護師認定審査に合格し、認知症分野の熟練した知識と技術を持っていることを証明された看護師となります。

認知症認定看護師になるには?

  1. 日本国の保健師、助産師および看護師、いずれかの免許を有している
  2. 実務経験が5年以上(うち3年以上は認知症看護分野の経験)
  3. 1、2を満たした上で、認定看護師教育機関において認定看護師教育課程を修了している(6ヶ月、615時間以上)

これらの条件を全てクリアすることで、認定審査(筆記試験)を受けることが可能となります。審査を合格すると認知症看護認定看護師認定証が交付され登録されます。

3の条件ですが、6か月間学校に通わなくてはいけません。これは、どの認定看護師も同じなのですが、昼間の授業に出なくてはいけないので、働きながらの学習は困難でしょう。

そのため、仕事を長期に休んだり退職したりして通う看護師が多いです。そうなると、6か月間は無給の状態が続きます。そのほかに入学の費用などがあり、資格を有するには、かなりのコストがかかります。

それを踏まえたうえで、しっかりと予算を計算して挑むことがおすすめです。また、入学に際しては早めに資料請求を行い、準備していくのをお勧めします。

認定看護師の共通カリキュラムは一緒なのですが、それぞれに期間が違ったりするので、確認が必要でしょう。

認定看護師の仕事は?

認知症高齢者の権利を擁護し、意思表出能力を補う対応をする

認知症になったからといって、人でなくなったわけではありません。また、認知機能が低下しているだけであって、消失したわけではないので、人間としての権利や尊厳は守らなくてはなりません。また、意思の表出をしづらくなるため、それを補うような看護を行います。

認知症の周辺症状を悪化させる要因・誘因に働きかけ、行動障害を予防、緩和させる

周辺症状は原因を取り除くと、緩和、消失することができます。問題行動と呼ばれる多くは周辺症状であるために、専門的な知識を持って要因を突き止め、改善していきます。

認知症発症から終末期まで、各期に応じたケアの実践、ケア体制づくり、介護家族のサポートを行う

認知症にはいくつかの時期があります。認知症の状態把握を含む高齢者の心身の状態を統合的にアセスメントし、その時期にあった看護を提供します。介護や看護をしている周りも混乱することが多いので、家族や職員のサポートを行います。

認知症高齢者が安全で安心できる生活・療養環境を得るための対策を立てる

認知症に環境因子は、大きく症状に影響を与えます。それ故、生活・療養環境を整えることは重要な役目になります。

他疾患合併による影響をアセスメントし、治療的援助を含む健康管理を行う

認知症の多くの方は高齢者です。合併症を併発していることが多いため、認知症だけでなく、他の病気との兼ね合いも重要になってきます。看護的視点で健康管理を行っていきます。

認知症認定看護師の給料は?

認定看護師だからといって、給料が高いわけではないようです。手当のつく職場もあるようですが、多くは変わらないようです。

しかし、認知症には専門的知識をもった人材は必要不可欠ですので、今後は期待できる資格です。

 まとめ

認知症の患者が多く来る認知症外来よりは、特別養護老人ホームのような認知症の方が多く生活をされている施設や訪問看護で、認知症を専門にするなどの使い方が力を発揮できると思います。

 

人気の看護師転職求人サイトおすすめランキングを見る

スポンサーリンク

-お役立ち情報

Copyright© ナースレコナビ , 2020 AllRights Reserved.