看護師の転職で給与アップするためにやるべき事!

更新日:

給料を増やしたい!でもどうすればいい??

大卒、専門学校卒で給与の差があるのは一般社会で多い話です。看護師の場合は「国家資格」ですが大卒、専門卒で月額7,000円ほどの給与差があります。

さらに、最近では大学病院や県立病院のように「大学職員」「県職員」の立場で給与が上がったり下がったりするところが出ています。

特に財政が厳しい県や市の場合は、給料が下がるケースもあります。そうした場合「手取り」だけで給与を考えないことが大事、なのをご存知でしょうか?

手当の種類、金額はどうでしょうか?賞与は何か月分貰えるでしょうか?主要手当はいくら?主要以外の住宅手当などはいくらでしょうか?まず、基本給額だけでなく、手当の内容をしっかり見てみましょう。もしかすると、手当の多い「部署」に回ることで、給与総額が増えることはありませんか?

資格を取って、給与を増やす??

大病院に勤務、病棟看護で時々夜勤がある…となれば、給与もそれなりに多い、と感じる人は多いかもしれません。

しかし、現実的には「給与の額が、仕事の忙しさに見合っていない!」と考える方が非常に多いのです。一日中病棟を走り回り、ミーティングあり、申し送りあり…とあっという間に1年、2年…と過ぎて、そういえば貯金もできていない…これではこれからの看護師人生が少々「不安」になってくるのも理解できるでしょう。

年収が420万円の看護師と700万円の看護師の差はなにか?看護師長になって年収を増やすにはどうしたらいいのか?実は、こうした疑問に答えるようなサイトはどこにも見当たりません。

それもそのはず、給与が上がる虎の巻を公開してしまえば、病院関係者は困ることになります。

ですから、あくまでも参考程度の話が流れている…と考えたほうが無難です。

資格保持だけで給与があがる…それはごくわずかな例だけ

こういう資格を取れば絶対に給与が上がる…というものはありません。大学病院では「認定看護師」の資格を取ると給与が上がる…というところもあるにはありますが、その分仕事の重責はドンとアップします。

ですから、資格はあくまでも「仕事のスキルを上げるための道具」と考えて、自分に投資するもの、と考えるのが順当です。

心理学を勉強した、高齢者との会話がうまい、看護スキルが上達した…こうしたものは経験+資格勉強や講習によって得られます。が、それがすぐに給与に響くかどうかは微妙です。

給与アップのための資格があるとすれば、専門色の強いものに限られます。

今の病院で給与が上がるのを待つか、転職するか

景気が良くても悪くても、看護職が人気なのはなぜでしょうか?特に、全国の大学が看護学部を創設していますが、そこだけは定員を超える応募が続いています。理由はなぜでしょうか?

答えは「脱サラして看護師になる」人が非常に増えているためです。看護系以外の学歴や職歴から、看護師になるために大学や専門学校に社会人入学。そして病院入職する方の多くは「転職のコツ」をよくご存じ。それは、いかに自分の希望する条件の職場を手にするか…というテクニックです。

一般企業の中には、どんどん部署名が変わったり、なくなるところも少なくありません。その多くは「外部」に仕事を任せるのです。

ですが、病院業務は全く関係のない会社に仕事を委託することは不可能です。医療報酬は国で決まっていますし、看護師の仕事内容とその対価も規定があるからです。

ですから、脱サラ看護師にしてみれば「安定して仕事ができる」「看護職はなくならない」と考えます。

ならば、脱サラ看護師のように思い切って転職して給与が上がるのかを確かめてみるのも正しい選択肢と言えるのです。

まずは「看護師、転職」のキーワードでサイトを探してみる

転職で給与が上がる…それって本当?そう考えていませんか?実際に、病院やクリニック、企業の健康センターなど、様々な職場での給与の額は全く違います。

看護師転職、とはもはや常識になっているキーワード。都市部の大病院から、離島ナース、検診クリニックの看護師から、美容整形外科の看護師…と様々な求人がそろっています。

看護職は単なる「人集め」で成り立つわけではありません。対応の素晴らしい看護師、医療処置がてきぱきした看護師、コミュニケーション能力が優れた看護師…医療機関は様々な看護師を常に求めています。

そして、経営感覚の優れた病院は給与を高く設定して看護師を迎え入れようとします。そのためには、求人サイトの「公開求人」と「非公開求人」分けて、求人を出すのです。

公開求人とは、看護師転職サイトで誰もが見られるもの。サイトにアクセスさえすれば、誰でも情報がわかります。ですが、本当の求人情報は「非公開求人」の方。

非公開求人は宝の山

非公開にしている求人情報…それは、転職サイトを運営する会社、つまりエージェントが看護師と病院とを直接取り持って紹介するものです。看護師のキャリア、仕事力、人間としての魅力などを面接して病院に紹介します。つまり「入職確実な求人」と言えます。

転職サイト、エージェント、面接…おわかりでしょうか?一般社会ではごく普通の転職のシステムですが、医療関係でもしっかりと作られているのです。

給与がいくら欲しい、勤務条件はこういったもの…もしあなたにしっかりしたビジョンや条件があるなら、転職サイトを見て、登録するのが給与アップの近道と言えるでしょう。

人気の看護師転職求人サイトおすすめランキングを見る

スポンサーリンク

-お役立ち情報, 転職で給与アップ

Copyright© ナースレコナビ , 2020 AllRights Reserved.