大変なイメージの脳神経外科看護師の仕事。気になる仕事内容と給与を徹底検証!

投稿日:

脳神経外科は忙しそう、大変そうといったイメージを持っている方が多いのではないでしょうか?

脳神経外科で働いてみたいけどちょっとハードルが高い、興味はあるけどなかなか一歩が踏み出せない。

そんな方の為に、今回は脳神経外科看護師の仕事内容や気になる給与について解説していきます。

脳神経外科とは

脳とは、人間の頭部にある神経系の中枢です。体の運動、感情などを司っていて、神経活動や生命維持の中枢的役割を担っています。

その脳の病気を治療するのが脳神経外科だと思われる事が多いですが、他に脊椎や末梢神経なども治療する科になります。

そのため、患者の症状は様々で、「何でも屋」と表現するドクターも少なくありません。

脳神経外科の主な対象疾患

  • 脳出血、脳梗塞、くも膜下出血など脳血管障害
  • 脳腫瘍
  • 頚椎・脊椎損傷、変形性脊椎症、ヘルニアなど
  • 脳挫傷、頭蓋骨折など
  • 水頭症や認知症
  • 先天性の奇形
  • てんかんやパーキンソン、顔面神経麻痺など
  • 髄膜炎や脳炎など

代表的な疾患以外にも内科的な疾患も多くあります。

例えば、脳血管障害の場合、生活習慣病をもっている方が多く、糖尿病、高血圧などの病気も一緒に治療することも多いです。

ですので、脳神経外科だけの病気を知っているだけでは看護ができない事があります。

また、地方の病院になると外科当番を受けることも多く、骨折や切創の縫合なども看護しなくてはいけない事もあります。

脳神経外科看護師の仕事

病棟や外来、手術室でそれぞれの役割があります。

病棟では、一般のバイタルサインに加えて、意識レベル、運動レベル、消耗反射、対光反射などを見る病院が多いと思います。

前述の通り、症状が多岐にわたる為、少しの変化も見逃せない緊張感があります。

また、変化に気が付けないことで、死に至るケースもある為、観察と連絡、報告、相談がかなり密に行われます。

また、脳の障害部分で症状が違ってくるので、脳のCTやMRIも理解できるように勉強する必要があります。

CTやMRIが理解できた方が、症状の出現やこれから起きることが予測しやすく、事前に観察を強化したり、準備をしておくことができるからです。

また、脳外科以外の病気をもっている方も多いので、内科や耳鼻科などの病気も知っておき、看護していく事も珍しくありません。

病棟に限っては、転倒のリスクが大きい病棟になります。片麻痺がある方が多いため、絶えず見守りが必要になります。

認知機能の低下を起こしている方も多く、その対応も重要になってきます。病院から出て行ってしまったり、急に暴力的になったりと、毎日あちこちで様々な事が起こります。その中で、どのように患者の安全を守っていくかをしっかり考えて行動しなければなりません。

外来では、検査が重要になってきます。きちんと検査を行えるように、予約したり、検査前の注意点を話したり、検査前に生活制限のある場合にはそれを守れるように工夫します。

また、検査の説明が十分理解できているか確認し、理解できていないようであれば再度解るように説明します。

手術室では、直接介助になると、300以上ある機械を覚えてセットし、手術に望まなくてはいけません。

また、最新の機械を導入することが多く、その都度学習は欠かせません。

脳の中は顕微鏡を使用した手術になるので、細かい作業が何時間も続くことが多いです。

くも膜下出血のように急いで対処しなくてはいけない病気の場合もあり、先生の言う通りに機械を出すことはもちろん、手順も覚えて先回りして準備するなどの知識と行動力が必要になります。

現在は、手術の技術も進歩し、開頭しなくてもカテーテルで済むものもあります。

脳神経外科の看護師として働くメリット

脳神経外科で働くメリットは多くあります。例えば、脳神経外科だけではなく、内科などの知識も必要になるので、多くの知識、スキルを身に付ける事が出来ます。その為、脳神経外科で働いていた看護師は、他の科に行ってもすんなり仕事が行えることが多いです。

また、最新の治療方法などを取り入れることが多く、最新の技術を学ぶ事が出来ます。その為、知識は豊富になっていくことでしょう。

また、外来では生死にかかわるような状態で搬送される方も多いので、救急の技術も身に付ける事が出来ます。

脳神経外科の看護師として働くデメリット

「忙しさ」の何ものでもありません。患者は運動機能の障害を持つ方が多く、目が離せない状況です。

車いすの人も多いため、日常生活に介助が必要です。また、生死の狭間にいる人も多くいます。

一晩で2~3人亡くなる事も珍しくありません。そんな中の夜勤となると、朝までピリピリした状態が続き、精神的にも肉体的にも大変な状態になります。

また、学習もしないと仕事について行けなくなるので、休む暇がない事がデメリットと言えるでしょう。

脳外科看護師の給与

基本的には他の看護師と変わりありません。夜間の人数配置が多くなっている病棟もあるので、夜勤回数が比較的多くなります。

そのため、手当が多くなり、お給料が上がるといった傾向にありますが、それも微々たるものです。

脳神経外科で十分学んだ看護師は、その知識と判断力から、転職しても中枢的存在となる事が多く、役職者になる方も多くいます。

まとめ

脳神経外科看護師の仕事内容や働くことのメリット、デメリット、給与事情についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

脳神経外科の看護は非常に大変なものがあります。

最新治療の学習、写真の見方や検査の意味や方法、症状別の看護など学ぶことは非常に多くあります。

ただ、それによって看護師としてスキルアップし、知的財産が増える事は間違いありません。

 
人気の看護師転職求人サイトおすすめランキングを見る

スポンサーリンク

-お役立ち情報

Copyright© ナースレコナビ , 2020 AllRights Reserved.