看護師の転職で合同説明会を活用するメリットとデメリットとは

更新日:

新卒者のための病院案内…そういえば昔は参加したなあ~という方、意外に多いのではないでしょうか?看護学校や大学に送られてくる病院案内や、説明会など看護師求人はいつも満杯。その数が減ることはありません。

ですが、一度入職して転職する際の合同説明会というのは、参加すべきでしょうか?合同説明会の活用方法を伝授いたしましょう!

合同説明会は毎月開催されている

全国の主要都市で開催される「合同病院説明会」。特に地方都市で開催される場合、必ず首都圏の病院が参加することが通例です。例えば東京都立病院だけでも総合医療センターなど数か所が参加することが多く、公立病院の求人が多いことも分かります。

昨今多いのは、こうした公立病院や地方の国立病院機構。中には有名な医科大学病院などもあって、給与もかなり高額にもかかわらず求人が減りません。

こうした病院は、説明会に参加する費用をかけてまで看護師を集めたい!と必死です。地方の場合は大規模病院が限られますので、説明会参加病院は少なくなりますが、それでも首都圏の病院関係者が参加することが多い…そして、説明会のイベントでは病院ごとにブースが設けられており、人事担当者が病院の説明をしてくれます。

待遇や仕事内容など、最近は正直に教えてくれる病院が増えてきており、少しでも頑張ってくれる看護師を探し、長く勤務してもらおうとPRします。

こうした会に参加するのは、転職希望者だけではありません。休職していたり、離職していた看護師が合同説明会に参加するケースもありますので、結構な盛り上がりになっています。

ほかの病院を知るには絶好のチャンス。メリットはある

こうした合同説明会に参加する事で、病院の内容や待遇の情報収集を一度に知る事ができます。また、キャリアパスなども分かるため、今まで考えていなかった看護師としての将来像を創造することもできます。

今の病院で辛いな~と考えていて、そこから抜け出したいと思っている看護師、あるいは違う土地で頑張ってみたいと考える看護師など、様々な参加者に出会えることも刺激になるでしょう。自分のいる病院、その世界だけでしか生きていないことよりも、もう少し別の世界も知りたいと考える方には、こうした説明会は気分的にも「リセット」できるきっかけにもなります。

説明会での情報は限定的。ただ、ネットでの情報以外のことは分かってくる

見知らぬ土地の病院情報で困るのは、住まいや病院への通勤、住環境や託児所・近接している幼稚園・小学校・中学校の有無など。つまり、通うための生活環境が整っているのかどうか、がなかなかわからないということでしょう。

看護師寮がある場合は、身一つで入職できるかもしれません。が、既に乗用車を持っている…小さな子供がいる…といったケースなら、条件はだいぶ変わってきます。住環境を犠牲にしてはいけません。

果たしてそういう質問に、人事担当者はどうこたえてくれるでしょうか?おそらく答えは限定的かもしれません。人事担当者ではなく、実際に働いているほかの看護師の話が聞ければ参考になるかもしれませんが、細かいところはなかなか伝わってこないかもしれません。

ただ、こうした説明会に参加する病院なら、人事担当者は必死になって看護師を採用したいと思うでしょう。質問はどんな細かいことでも構いません。ぜひメモにして直接聞いてもらうのが良いでしょう。

合同説明会には「自分の病院の人事担当者」も来ているかもしれない

メリットがある説明会。ですが、残念ながらデメリットもあります。それは、誰が説明会に参加しているのかわからない…ということです。転職を希望している看護師は潜在的に多く、もしかすると同じ病院の看護師仲間だったり、看護学校当時の同期だったりすることもあるでしょう。

また、自分の勤務する病院の人事担当者も説明会に訪れるかもしれません。他の病院の情報を直接目にする良い機会ですから、関係者はこうした説明会に参加するもの。そのとき、自分の病院の看護師にばったり…となると、気まずい雰囲気になってしまうでしょう。

こうした説明会に参加する場合は、いろいろと注意して参加することが大切。参加したことで、転職希望の噂が立ってしまってはまずい方は、参加することのデメリットも心得ておきましょう。

内緒で転職活動をするなら、やはり転職サイトに登録すること

転職サイトはスマホでもタブレットでも登録可能。看護師転職サイト…と検索すると50社以上もの転職エージェントが画面に表れます。

もちろん、エージェントではなく情報サイトだけを流すところもありますが、頼りになるのは登録することですぐにコンサルタントから連絡が入り、面談してから様々な求人情報が送られてくるケース。この場合は、求人内容が細かくなっており、質問があればコンサルタントにメールなり電話なりするとすぐに解決できる…というシステムです。

合同説明会と違うのは、完全に1:1で転職支援をしてくれること。もちろん費用は掛かりません。が、転職先に入職が決まると、半年はしっかりとコンサルタントからフォロー連絡が入り、その後病院は契約金をエージェントに支払う…というものです。

病院とすると「確かな人材」を確保できるメリットがありますが、その分エージェントに紹介料を支払わなければなりません。看護師としても、お金が介在しますのでエージェント選びはしっかりしたい。そのためには3社ほど登録すると良い、と言われています。

その基準はいろいろありますが、口コミなどで評判の良いところをぜひ探して転職成功に向けて頑張りましょう!!

人気の看護師転職求人サイトおすすめランキングを見る

スポンサーリンク

-お役立ち情報, 未分類

Copyright© ナースレコナビ , 2020 AllRights Reserved.