妊娠、出産後の看護師に人気の職場、働き方とは

更新日:

病院看護師として働く場合、どうしても避けて通れないのが「夜勤」。2交代3交代といろいろな業務がありますが、夜通し働くのはやはり体にきついものです。

ただ、夜勤があるから給与も高い…ということで頑張っているナースも多いのが現状。妊娠したら夜勤は無理…出産後の勤務でもやはり体に辛い夜勤はまずできないと考え、ほかの勤務形態がないか?と探している方は少なくないはずです。

妊娠したら、出産したらこういう働き方がある…看護師の職場についてまとめました。

妊娠したから異動願い…なかなか受け入れられないのが普通

病院勤務、それも病棟担当の場合はどうしてもシフト抜けが出来ないのが通常です。妊娠すれば、悪阻(つわり)のひどい時期もありますし、貧血で倒れそうになることもあるでしょう。むくみで足や手がパンパンになって不快になる方もいるようですが、それは女性特有の現象…と、病院の人事担当者はなかなか理解を示さないのが普通なのです。

特に、妊娠期は個人差が大きいのも特色。それを知っている病院の人事担当者は「出産ぎりぎりまで病棟勤務はこなせるのでは…」と考えているかもしれません。口にこそ出しませんが、どこの病院でも病棟は特に看護師が足りませんから「どうぞ休んでください」とは絶対に言わないのです。

妊娠の場合は安定期に入れば落ち着く方もいらっしゃるでしょう。ですが、怖いのが切迫流産。日本医療労働組合連合会が過去に調査したところでは、看護師として働くことの問題点の一つが切迫流産…という点。妊婦看護師さんの3割が早産の可能性がある、と聞かされています。

妊娠ぎりぎりまで働き、出産休職。その後職場復帰という選択

初産年齢は30.6歳!

厚労省が2014年に調査発表した数字ですが、日本女性の多くが30歳以降に子供を出産していることが現実となっています。

となると、看護師として少なくとも8年から10年働きつづけた年齢で出産、ということになります。人によってはいったん離職して看護師を辞めてしまったり、社会人になってから看護師になるケースもあるでしょう。ですが、病院としても中堅看護師として非常に頼りになる世代の30代が抜けてしまうのは、大きな損失です。

こうした世代は妊娠ぎりぎりまで職場で頑張って、出産後に退職…というケースが少なくありません。出産前に辞めてしまうと、出産一時金や病院からの手当てなどが受け取れないこともありますし、民間病院勤めの場合は退職後に失業保険金を受け取ることもありますから、ぜひとも病院に在籍したまま出産…の方がお得になるのではないでしょうか。

もちろん、妊娠→出産、休職→復職というのが看護師にとって良い選択肢ともいえます。長年勤めている病院なら、出産後は病棟から総合受付や内勤に異動させてくれることもあるでしょう。これも経験が長いと融通が利くという一例です。

出産後は、病院選びの条件が変わる

これに対して「出産したら、病院は一旦辞めて子供との生活を大事にしたい」という方も多く見られます。新生児・乳幼児という時期は一生に一度しかないことや、愛情をかけて我が子を育てたいという希望をもつ看護師さんが非常に多いのです。

その場合は出産後に病院を離職するか、あるいは妊娠期に離職という手を選ぶこともあります。出産後は実家に戻ってしばらく過ごす方もいらっしゃるでしょうし、それを機に引っ越しをする方もいるかもしれません。

ただ、再び復職したい…と考えた時に今までとは別の病院選び・クリニック選びが必要になって来ます。それは「子供」の病院や託児所がそばにあるかどうか、という職場条件です。勤務している病院に託児所や保育園、あるいは子供の診療ができる医師が配置されていれば問題はないでしょう。

ですが、それがない場合は自分がどうやったら託児所や病院に連れていけるのかを考え、職場を選ぶ必要が出てきます。実家で暮らしていれば祖父母が面倒を見てくれることもあるでしょう。それが叶わない場合はご主人の協力が大事。

つまり、出産前と出産後はいろいろと大きな生活の変化や職場選びの条件の変化が出てくる…というわけです。

訪問看護や老人科の場合は体力が必要。クリニックが人気なのは体力面や日勤だから

最近多いのが、訪問看護や老健での看護師求人。確かにこうした仕事は自宅から近く、オンコールもなく、日勤のみ…といった条件がそろっています。ですが、実際には患者の体を持ち上げたり、介助したり…と体力を使うことも少なくありません。

それに対し、内科系クリニックの場合は同じ日勤でも職場内でしか移動することがなく、仕事も定時で終わることなど経験に基づいて行えることが多いと言えます。

給与面では以前の職場よりも下がることが多いのですが、体力面や精神面で楽なり、子育てとの両立が図りやすいことは事実。ですから、クリニックを復帰の選択肢に入れると良いでしょう。むろん、大規模な病院の方がいい…という方もいるでしょうから、よくよく自分の条件に合致するところを探しましょう。

探す方法は、やはりプロであるコンサルタントに頼るのが一番。転職サイトを運営する転職エージェントは、多くの看護師を条件の揃った職場へ紹介しています。2つ3つとサイトの登録しておけば、自分の好みの職場が見つかる可能性も高まります。

人気の看護師転職求人サイトおすすめランキングを見る

スポンサーリンク

-お役立ち情報, 転職活動対策

Copyright© ナースレコナビ , 2020 AllRights Reserved.