50代からの看護師転職。知っておいた方が良いポイントをご紹介

更新日:

看護師不足の影響で、全国どこでも求人が途切れることはありません。ですが、50歳ともなると、やはり気になるのは「体力」。経験でカバーできる職場ならいいのですが、そうではない場合は「転職」という選択肢も入ってくるでしょう。

では、50歳の看護師は実際にどんな職場で働いているのか?クリニック?それとも病棟看護?50歳という年齢で最も適した職場を見つけてみませんか?

50歳は、転職の最終期…と考えよう

転職というのは突然やってくるもの。20年勤めた小児科クリニックの院長が急に病気になり、後継者がいないまま閉院してしまったり、ご主人の転勤で看護師の奥様が一緒についていかなければならなくなったり…

それも、20代、30代ならば問題はないでしょうし、40代で子育て中断から看護師復帰というのもよくある話です。ですが、50歳で転職…となるといろいろと不安面が大きくなるのではないでしょうか?それには、まず「なぜ転職しなければならないのか」ということを踏まえるのが必要です。

「病院の都合で」「家庭の事情で」という場合、少なくとも今まで築いてきた看護スキルをそのまま生かすのが大事でしょう。ですが「今の病院がしんどくなってきた」「体力的にももっと楽な病院に変えたい」と言う場合は、よくよく行きたい病院を調べないといけません。

50歳で転職して、もし失敗したら…取り返しがつかないことの方が多い、と考えて間違いありません。ですから、今度は最後の転職だ!と自分に言い聞かせて活動するべきでしょう。

ポイント1 「病床数が多いな…と感じた病院は避ける」

50代と言えば、師長や看護部長に上がっている方が多い大規模病院。病床数が500以上で診療科目も20から30以上…となれば、年齢も様々というところが少なくありません。

ですが、こうした病院の場合、看護師の人数が多いことから、人事管理がうまくいかないことが多いものです。シフトを組んでいるのに欠勤をする方もいれば、異動が激しい病棟もあります。

今までが病棟管理だったから、今度も病棟で…と安易に考えてはいけません。特に大規模病院の場合、インシデントの確率が大きいところは「50代以上の看護師が多い」という見方があります。エビデンスが毎年のように変わっているからです。

今までのやり方が、ほかの病院では通用しない…そうならないためにも、大規模病院はなるべくなら避けましょう。

ポイント2 「精神科、介護系、訪問看護」を選ぶなら、通勤時間のかからないところがいい

大規模病院とはいっても、終末期の精神科病棟、介護系病棟の場合は50歳の転職も少なくありません。特に、精神科の場合は、患者の急変を看取ることはあっても、入退院を繰り返すような事態は少なく、患者と患者の家族に寄り添うスキルがあれば、病院の戦力になります。

介護系病棟の場合、都市部ではなく郊外に病棟が建てられるケースが多い。その場合、自宅からの通勤距離が短いところがベストです。体力の温存を図るためです。

また、介護福祉士の数がきちんといるかどうかも把握しましょう。看護師が行う仕事以外も請け負うことになると、体力的にきつい場合もあります。当初は夜勤はなし…とあったのに、夜勤も…ということになると大変です。

最後の訪問看護ですが、その多くは事業所に登録して個人宅に行くケース。これもきちんと送り迎えがあるかどうか。バス、電車、自転車、自家用車などで回るケースもありますが、この移動距離や時間ばかりかかって、仕事の数がこなせないと収入に結びつきません。

転職するということは、今までの経験が生かせる…と安易に考えてしまいがちですが、病院の形や組織の違いで、今までのスキルが通用しないことの方が多い、と考えましょう。まずは通勤時間を少なくするのが一番です。

ポイント3 病棟管理なら、今までより少し楽な職場でちょうどいい

50歳は急性期病院では無理…小児科への転職は難しい…こういう指摘がよくあります。これは全て「体力」の衰えから来るものですが、中には50歳としてのプライドが壁になることもあります。

もちろん、夜勤をバリバリこなす50代の看護師もいれば、サ高住で活躍する50代もいます。しかし、病院が心配するのは「もしも」のことです。インシデントが起これば、せっかくのキャリアも台無しにしてしまいます。

ですから、病棟なら今までよりも少々楽なところに。給与が下がるとしても自分のキャリアを汚さない(汚す、というのはインシデントのことです)ためなら必要な選択肢でしょう。

楽かどうか…それが体力的に楽かどうかがわからないならば、自分一人で差配できる訪問看護などが最適となります。もちろん、自分は管理職として入職する!という方もあるでしょう。その場合は、より人間としての器が求められます。

多くの看護師をまとめるのが得意なのか、それとも長年培った看護師スキルを、自分なりの方法で生かしていくのか…それは、自分一人で判断することではありません。

ポイント4 プロのアドバイスを参考にする

まずは、看護師同期に相談すること、そして看護師転職のプロに相談することです。看護師同期も看護のプロですから、客観的に自分への評価をしてくれるはずです。

そのあとで、看護師転職サイトに登録してみます。転職サイトに登録して、実際に転職のプロと面談すると「50歳は厳しい」と言われるかもしれません。ところが、転職に成功している人はちゃんと成功しています。それは登録の仕方一つ…という部分。

自分は今まで「これだけの経験をしてきた」「ICUも急性期もこなしているので、どこでも大丈夫」と書かれると、逆に「大丈夫かな」と思われがちなのが50歳代です。つまり「新しい職場でやっていけそうな人かどうか」が大事であって、スキル云々を過度に期待されるわけではないのが、この年代だということ。

経験豊富だけれど、それを表に出さない…そういった面が50歳過ぎの看護師の《必殺技》になります。ぜひそうした技を磨いて、転職サイトを利用してみてください。

人気の看護師転職求人サイトおすすめランキングを見る

スポンサーリンク

-お役立ち情報, 転職活動対策

Copyright© ナースレコナビ , 2020 AllRights Reserved.